FC2ブログ

超フォトコン対策。「投稿写真のタイトルはこうつけろ!」

DSC_0457sa.jpg



写真を積極的に撮り始めてから、カメラ系の雑誌を手にするようになった。
これまでは何が書かれているかわかりにくかったが、次第に読める箇所が増えつつある。

最新の機材の事情は読んでいて胸が高鳴るし、
当たり前のこととはいえ、掲載されている写真はどれも美しい。

そして。いま、私が最も注目しているのは、各誌に必ずある 「フォト・コン」。
様々な立場の方が、雑多な想いを写真に詰めて投稿されている。

               ◇

それらの写真をじっくり鑑賞するものいいが、
何と言っても審査員?の作品に対する 「評」 を読むのが楽しくて仕方がない。

「おお。プロはそんな風に作品を見ているのか!」 と感心したり、
「お前は、何様だ?」 と、読んでいて腹立たしくなったりと、かなり楽しい。

               ◇

少し前。とても綺麗なハスの写真が掲載されていたのだが、私はこれをとても気に入り、
「いつかこんなのを撮れたらいいな」 と思った。
選評していた女性カメラマン?も、絶賛していたのだが、最後にこういう注文をつけていた。

「タイトルが実に残念」

この作品のタイトルは、「ハス」 だったのだが、
あまりにストレートすぎるということだろうか?

では。どういうタイトルにしたら良かったのだろう?
残念ながらこの方は、この場合の 「よい例」 を書いておられなかったのでまったくの謎だ。

                ◇

この事例でひとつ学べるとしたら、次のことだろう。

「投稿写真のタイトルは、そのものの名前をつけてはならない」

実例で考えてみよう。
今日添付した写真は、今朝撮ったものだが、これにこのタイトルはいけない。

「犬」

まったくもって、残念である。

これならどうか?

「犬?」

もしかしたら、犬じゃないのか!? という疑念がわいていいかもしれない。

「犬です」

疑念を払拭するタイトルだね。

「ハス」

これだけはダメだ。こう書かれるに決まっている。

「タイトルが実に残念」





Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。