FC2ブログ

通念上。一定速度と考えられている、地球の 「自転」 を再考察。




てんと店横の橋の上へ行き日没を眺めた。

太陽は……。
山の向こうに沈む間際に、なぜあれほど速度をあげるのだろうか? 

たしか、地球は同じリズムで自転していると習ったが、あれは真実だろうか?

夕日を観ている者の感動を高めるため、あるいは、種々の焦燥感をあおるために、
「シュ」 と速くなってくれている気がする。
そして、「フッ」 と緩めたりして24時間の帳尻合わせをするに違いない。

                ◇

ともあれ。夕日を撮った。

撮り終えて、「不思議だな」 と、かたわらの てんに同意を求める。

「あ……」

すると、もっと不思議なことが起こっていた。

てんがいない。

店の方を見た。

てんが店前に座っている。

どうやら、待ちくたびれて先に帰ったようだ。

今日の気づき → 「日没の時間の経過はミステリーである」

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。