FC2ブログ

その夜。男は月と対峙した。

_TYM1203.jpg



この日は。
何やら大きな予感があったのか、
男はちょっとした買い出しに、カメラと三脚を車に積んだ。

ラジオからは  
「スーパームーンが云々……」 などと聴こえてくるが、
男はそれほど関心を示さず、淡々とハンドル操作を繰り返す。

「え? 今日は十五夜? お月見?」
「いや。今日は 8日だよ」

同乗する家族とこんな会話をしている。
感心の有無以前に、単なる無知なファミリーのようだ。

     ◇

車は目的のスーパーマーケットに近づいた。
すっかり暗くなった片田舎の一角に、
ヌボッとした大型店舗が、
幾多の白色照明で浮かび上がっている。

その見慣れた情景から、ふと。男は視線を上げてこうつぶやいた。

「スーパームーン……?」

     ◇

この時。
月と大気圏と男とは良い具合に結ばれ、
ぽっかりとそれは浮かんでいた。

もっとも、この瞬間。この日を待ちわびた、
多くの天体ファン、カメラ愛好家の前にも、ぽっかりである。

今。月には何機のカメラが向けられ、
どれほどの数のシャッターが切られているだろうか?

     ◇

男はにわかに、完全にその潮流とリンクした。
男の丹田は、強烈にこの衝動を突き上げる。

「撮るんだ……」

男はあわてて、スーパーの屋上駐車場に上がって準備をし、
急きょ、次の 「会」 を設立して撮影に入った。

「スーパー・にわか・天文ファンクラブ」

望遠で覗くと月の移動は意外に速い。
男はカメラの角度を微妙に変えていく。
絞りを変えてみる。ISOを変えてみる。露出を変えてみる……。

     ◇

30ショットほど撮影した頃だろうか。

男はそろそろ退屈して来て、
クラブの解散を模索し始めていた。

と……。

そのときである。

ファインダーのペンタプリズムと、望遠内の数枚のレンズと、
大気圏と、宇宙と、月との……、間に。
それらとの間に、異物があるのを男は発見した!

右から左。
その 「点」 は、月面を移動している。

男がファインダーをのぞいたときには、
「点は」 既に中心を過ぎていて、
男はシャッターを切らずに、 「それ」 が何かを知るために、
しばらく 「それ」 を凝視していた。

そして。その 「点」 である、「それ」 が月面から離脱する、
まさに一呼吸前に、男の丹田から怒号のような命令が突き上げた。

「押せ!!!!!!!!」


_TYM1217cc.jpg

あれから、2、3日経った。

男はモニターを見ながら、頬をつねってこうつぶやいた。

「痛てっ」




soba-228.jpg ◇まほろば店主が打ったお蕎麦を全国発送しています。

写真素材のピクスタ ◇店内外の写真もストック中!!



θθθθθθθθθθθθθ

手打そば&Cafe まほろば 

〒633-0018 奈良県桜井市脇本735-13 (朝倉大橋上りスグ)
電話 0744-44-2269 email : mahorobamaru@kcn.jp

θθθθθθθθθθθθθ












13

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。