プロレスラーはすごかった。



先日。
屋台村に出店させてもらって、
色々といい経験をさせて頂いた。

そして。
当店のブースの目の前で繰り広げられた、
プロレスのイベントには感動、感心の連続だった。

     ◇

今回がプロレス初観戦だったのだが、
まず驚いたのは、ズバリこれだ。

「痛そう」

ある程度、動きは決めてあるだろうし、
受け身も見事なのだが、
やはりある一定量の痛みは避けられないようだ。
「ショー」 といえども、
本当に気の抜けない危険な仕事であると再認識。

     ◇

そして。その痛い試合を、この日は3回みせてもらった。

「つう~~×3」 である。

     ◇

しかも。痛いだけではなく、こうだ。

「忙しそう」

プロレスもボクシングの類も観戦したことがないので、
「リング」 といのも初めて目にしたが、
出店店舗の役得で、
搬入から設営を身近で見ることができた。

最初はピンと来なかったのだが、
リングの資材をトラックから降ろして、
組み立てていく男たちがやたらとデカいのに気づいた。

そう。レスラーが自らやっているのである。

鍛えているとはいえ、けっこうハードそうだった。

     ◇

さらに。
この日は途中で雨が降ってきたのだが、
野外でのイベントなので、スリップして危ない。
よって、当然こうだ。

「レスラーがマットを雑巾がけ」

まさに。

「虎になれ~~!!」

である。

     ◇


と、まあ。

レスラーというのが、いかにタフかをみせてもらった。

ブラボー。



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。