FC2ブログ

プラチナ・プリント。

00001_01.jpg

思うところがあり。このブログをさかのぼっていたら、
「中判カメラってなんぞや?」 と題した投稿があった。
2年前の2月である。

その後。元写真館の古民家に引っ越し、
古いフィルムカメラ(ニコンF2)を手にし、
店内に暗室を見つけ、
引き伸ばし機を譲ってもらい、
何とか現像&焼きつけが出来、
挙句、中判カメラが私の元にやって来た。

まさか、こんなことになろうとは。
である。

それにしても私の人生は、
ギクシャクうまくいかないことだらけなのに、
ことカメラ関係のこととなると、
毎日クレ551噴射級になめらかだ。

ただ今回は。
ブローニ―現像に必要なある品がどうにも手に入らず、
「ああ、551がついに尽きたか」
と、なっていた。

ところがである。
散々すったもんだしたのち、
(面倒だから記さないが)
すっ。
と、それが差し出されるように手に入った。

さらには。現時点で、
その方からそれを入手しなかったら、
知りえなかったワードを覚えた。

「プラチナ・プリント」

そして一枚の素敵な作品に触れる。

あと。
その得体のしれないジャンルを調べていくうちに、
芋づる式に出てきた知らないワード。

「オイルプリント」 「湿板写真」 などなど。

ちょっとまだよくわかっていないが、
魅惑的な響きに満ち満ちている。


一体、なんぞや?






Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。